K18リングのジュエリーリフォーム

こんにちは。

本日は、思い入れのあるリングをそのまま形を変えずに、石を付け足して新しく蘇らせるリフォームのご紹介です。

お客様からK18リングとシルバーサファイヤリングをリフォームしたいとのご相談を受けました。

お話をお伺いしてみるとK18リングがご主人からの贈り物シルバーリングは海外旅行に行った時に購入されたものだそうです。

どちらも思い入れのあるリングであり、できればご主人からの贈り物のK18リングはこのままデザインを残して、身に着けられるようにしたいとのことでした。

シルバーリングはもう使わなくてもよいとのことで、サファイヤと透明石を外して、K18リングに付け加えるご提案をさせていただきました。

出来上がったリングがこちらになります。
↓ ↓ ↓

サファイヤと透明石2石の石枠を製作し、V字の窪んだ部分にサファイヤを透明石を少し離して両側に配置致しました。

もとのK18リングは腕が細く、耐久性にも問題がありそうだったので、リング下半分から太くすることにしました。

サファイヤと透明石を付け加えて大変身したK18リング。

お客様にとても喜んでいただくことができました。ありがとうございました。

思い入れのあるリング。
できれば形を変えずに生まれ変わらせたいというお客様も多いかもしれません。

このように、石を付け加えたりリングの腕を太くしたりと様々なリフォームがあり、見た目や質感も大きく変わりますので、お悩みのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ジュエリープラザルピナス
中村 一弘

お気軽にお問合せください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です