使っていないK18ダイヤモンドリング(0.10ct)を細みのラインで八角形の中にダイヤモンドを入れたジュエリーリフォーム

使っていないK18ダイヤモンドリング(0.10ct)をジュエリーリフォーム

こんにちは。

ルピナスの中村一弘です。

本日は、使っていないK18ダイヤモンドリング(0.10ct)のジュエリーリフォームをご紹介させていただきます。

ご相談にお越しくださいましたお客様は、何年も前から当店をご利用くださっている方です。

お客様のお話によると、

「あってもほとんど使わないし、このまま置いておいてももったいないし、新しいデザインに作り変えようと思って」

とのことです。

デザインにつきましては、予め「こんなデザインにしたい!」というものがあり、スマホでお写真をお見せくださいました。

細身のラインで、八角形のモチーフの中にダイヤモンドを留めた可愛らしいリングでした。

「華奢なんだけど普段着けていたいし、他の指輪と重ね着けしようと思って。」

ということで、お作りさせていただくことになりました。

(地金はダイヤモンドを外したK18リングと新しいK18を溶かして製作いたしました。)

リフォーム後のK18ダイヤモンドリング

出来上がりました八角形デザインの指輪です。

腕のラインはなるべく変形してしまわないように、サンプルデザインよりも幅と厚みをもたせました。

リフォーム後のK18ダイヤモンドリング(0.10ct)
リフォーム後のK18ダイヤモンドリング(0.10ct)を着けていただいた写真です。

「良い感じに出来てよかった!」

とのお言葉をくださり、そのまま着けてお帰りになられました。

今回ご紹介させていただきましたお客様は、予めどんなデザインが良いか、インターネット等でお調べになってからお越しくださいました。

お見せいただいたサンプルの指輪と全く同じではありませんが、できる限り似たように、耐久性なども考えてお作りさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

本日は、使っていないK18ダイヤモンドリング(0.10ct)のジュエリーリフォームをご紹介させていただきました。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ジュエリープラザルピナス
   中村 一弘

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です