プリンセスカット ダイヤモンドリング1.00ctのジュエリーリフォーム

プリンセスカットダイヤモンドリングのジュエリーリフォーム

こんにちは。
ルピナスの中村一弘です。

本日はプリンセスカットの幅広ダイヤモンドリング1.00ctupのジュエリーリフォームのご紹介です。

ご依頼を受けましたお客様は、相模大野にある老舗のブティック様のお客様で、リフォーム以外にもジュエリーをご購入くださっています。

今回のリフォームでは、
昔購入したプリンセスカットのダイヤモンドリングを、他店で「デザインはおまかせ」で作ってもらった指輪とのことでしたが、

予想以上に幅広であったこと
重量感がありすぎた

ことで、着けられなかったそうです。

リフォーム前のプリンセスカットダイヤモンドリング1.00ct

拝見させていただくと、

職人さんによる手作りリングであり、ダイヤモンドの品質や留め方もとてもきれいな仕上がりでしたが、リングの幅と重量につきましてはお客様がおっしゃるとおり、かなりどっしりとした存在感がありました。

「このようなデザインが好き!」

とおっしゃる方も多くいらっしゃいますが、

普段から身に着けられて、
上品で高級感のあるジュエリー

をお好みになるお客様にとりましては
イメージと違ったデザインに出来上がってしまったそうです。

今回リフォームされるデザインのご希望としましては、

  • 上品で、ちょっとしたお出かけで
    身に着けていけるようデザイン
  • ダイヤモンドが2列で配列されたようなデザイン
  • 重すぎないように
  • 新しいメレーダイヤモンドを使ってくれて良い


ということでした。

デザインのカタログも持参しておりましたので、その中からお客様がイメージされているような下の写真をご覧いただきました。


お客様からは、「こんな感じが良い!」と、ご希望されるデザインと一致し、写真のようなデザインでお作りさせていただくことになりました。

メレーダイヤモンドの数や大きさにつきましては、私に任せてくれるということです。

ご依頼を受けてから約2か月間、少し長いお時間をいただきましたが、出来上がりましたリングがこちらになります。

プリンセスカット Ptダイヤモンドリング(1.00ctUP)

両サイドのダイヤモンドにはD~Fカラー、VSクラス、verygood以上の高品質ダイヤモンドを留めさせていただきました。
上品なデザインですが、実物は輝きに満ちた迫力のある仕上がりになりました。

納品時には、今回はブティック様での待ち合わせではなく、直接お客様宅へお伺いさせていただきました。

お客様からは

「あら、きれい!
サイズもピッタリだし、
こんな感じが良かった!
これなら着けられるよね、あ~うれしい。」


というご感想をいただきました。

ブティック様は
相模大野で何十年も営業し続けてきた老舗でした。
オシャレで高級なお洋服を取り揃えており、店長をはじめ、スタッフの皆様も気品がありとても素敵な方々でしたが、オーナー様の業務拡大と多忙に伴い、閉店となりました。


上品なお客様が次から次へと入ってくるようなお店であり、まだまだ続けてほしいというお気持ちでお客様も大変残念がっておりました。


私自身も新規開拓で訪問し、快く受け入れてくれたことや、素敵な方々にジュエリーをご購入いただいたり、リフォームをさせていただいたことにとても感謝しております。


ブティック様は閉店してしまいましたが、
ご紹介してくださったお客様とは、ブティック様の「長年の信用」で成り立っていることを肝に銘じ、これからも大切にお付き合いをさせていただきたいと思っております。
リフォームをご依頼してくださったことに、ブティック様とお客様には心より感謝しております。

この度は、ありがとうございました。

最近では、月に一度は神奈川方面に出張しております。
地元の三島だけではなく、神奈川や東京方面でも新しいお客様と出会えることを楽しみにしながら励んでまいります。
ホームページやこのブログをお読みくださった方、何かお困りのことなどございましたら、お気軽にご連絡をください。

本日は、プリンセスカットダイヤモンドリングのジュエリーリフォームのご紹介をさせていただきました。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ジュエリープラザルピナス
   中村 一弘

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です