立爪ダイヤモンドリングのジュエリーリフォーム

Pt立爪ダイヤモンドリングのジュエリーリフォーム

こんにちは。ルピナスの中村一弘です。

本日は、Pt立爪ダイヤモンドリング(0.60ct)のジュエリーリフォームをご紹介させていただきます。

リフォーム前のPt立爪ダイヤモンドリング(0.60ct)

お客様は昨年、当店で立爪ダイヤモンドリングをリフォームをされたのですが、今回も同じ立爪リング(0.60ct)の大きいダイヤモンドが入った指輪をリフォームをさせていただくことになりました。

前回のリフォームでは
0.30ctのPt立爪ダイヤモンドリングをミル打ち加工を施したオシャレなK18リングを製作させていただきましたが、今回はプラチナでお作りさせていただくことになりました。

デザインは、前回お越しいただいた時に、「今度作ってもらう大きいダイヤモンドの立爪リングの作り替えはこれが良いな!」という、当店で人気のエタニティタイプのデザインをお気に入りされましたが、

リフォーム後 Ptダイヤモンドリング 0.50ct エタニティデザイン
Ptダイヤモンドリング 0.50ct エタニティデザイン

「普段からガシャガシャ使ってしまうことが多いから、やっぱり丈夫なデザインが良い」

とのことで、今回はこちらのデザインをご希望になりました。

Ptダイヤモンドリング 0.37-0.11ct

0.60ctのダイヤモンドを優しく包み込むようなウェーブデザイン、両サイドには高品質のメレーダイヤモンドを片側5石ずつ留めた上品なデザインとなっております。

プラチナがしっかりとついてるし、キラキラしているんだけど落ち着いたデザインだから毎日着けられそう

との理由でお気に入りくださったそうです。

プラチナ枠は当店で製作し、ダイヤモンドの石留めは専門の職人に留めていただきました。
お正月が入ってしまったことで、ご注文をいただいてから約1ヶ月間の日数をいただきましたが、生まれ変わった新しいダイヤモンドリングがこちらになります。

リフォーム後のダイヤモンドリング(0.60ct)

当店でご覧いただいたデザインサンプルとなったダイヤモンドは0.37ct、お客様のダイヤモンドは0.60ctの大きさでしたので、出来上がった時のボリューム感に驚かれ、大変お喜びくださいました。

リフォーム後のダイヤモンドリング(0.60ct)

私達も前回に続き、再度ご来店くださいましたことに大変感謝をしております。ありがとうございました。

今回ご紹介させていただきましたPt立爪ダイヤモンドリングは婚約指輪として作られたものが多く、その為、ダイヤモンドも高品質なものが使われていることが多いです。

立爪リングは背が高くて、お洋服に引っかけてしまったり、ぶつけてしまう方も多く、デザインが古いということで眠らせたままという方も多くいらっしゃることと思います。

ですが、高品質なダイヤモンドが入っている場合が多いので、デザインを変えることにより、再び高級感のあるダイヤモンドに大変身させることができます。
リフォームをされる場合には、使っていないジュエリーなどと一緒にお持ちくだされば、お値段をかなり節約できますので、 リフォームをご検討されていることがございましたら、お気軽にご相談ください。

本日は、Pt立爪ダイヤモンドリングのジュエリーリフォームをご紹介させていただきました。最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ジュエリープラザルピナス   
    中村 一弘

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です