グレーダイヤモンドのルースをK18リングに

オーダージュエリー K18リング

こんにちは。
ルピナスの中村一弘です。

本日は、ダイヤモンドリングのオーダージュエリーをご紹介させていただきます。 お客様は何年も前に当店で指輪の修理をされたことのある方です。

今回は、
「前からほしいと思っていたグレーダイヤモンドがようやく見つかって購入することが出来たから、このダイヤモンドで指輪を作りたい」
とのことでした。

拝見させていただくと、グレーダイヤモンドは直径が約3mm、0.10ct台の大きさで中央宝石研究所のソーティング付きでした。

デザインは、お客様にはいくつかのご希望になるデザインがあり、お話をお伺いしてみると、

・できるなら今持っている指輪2本のどちらかに埋め込む
・指輪に直接埋め込んで、段差のないツルッとして表面になるようにしたい
・指輪の下が薄くなったり細くならないように、同じ太さで作りたい

とのことでした。

まずはじめに、最初の2本の指輪に埋め込みたいということでしたが、拝見させていただくとダイヤモンドを埋め込むだけの厚みがありませんでした。

埋め込む場合には新しい石枠を作って留める方法をご提案させていただきましたが、段差が出来てしまうことになり保留。

次に、指輪の中に直接埋め込む留め方ですが、当店に石留めのサンプルとなる指輪がありましたのでこちらをご覧いただいたところ、デザインも留め方もイメージ通りのものがありましたが、できれば指輪の下が細くなったりしないように、そのまま同じ幅、厚みで作ってほしいということになりました。

シルバーリング 埋め込みデザイン

ご希望になる材質はK18。
使っていない指輪が2本あるとのことで、こちらの指輪を利用してお作りさせていただくことになりました。

使わないK18リング
使わなくなったK18リング

後日こちらの2本の指輪をお持ちくださいましたが、どちらの指輪も重量感がありましたので新しい地金は使用しなくてもよくなりましたので、地金代は節約できました。

製作工程

ご注文をいただいてから、およそ2週間。
出来上がりました指輪がこちらになります。

K18グレーダイヤモンド入りリング

指輪の幅は約3.5ミリ、厚みは約2ミリでかなりどっしりとした存在感に仕上がりました。

厚みのある指輪ですが、装着していただくとそれほど気にならないとのこと、
こちらの指輪1本のみで着けたり、他の指輪と重ね着けをして楽しめそうと、大変お喜びいただけました。

私たちもお客様が何年かぶりにルピナスを忘れずに覚えていてくださり、再びご来店くださいましたことを感謝しております。ありがとうございました。

ジュエリーリフォームやオーダージュエリーなど、当店にご来店くださるお客様には使わないジュエリーを利用することで予算を抑えることができることをお伝えさせていただいておりますが、使わないジュエリーを再利用できるということをご存じない方もまだまだ多くいらっしゃるのだということが解りました。

ジュエリーリフォームやオーダージュエリー・結婚指輪など、使わないジュエリーを利用して新しいジュエリーを作ることもできますし、買取をした費用で新しいジュエリーを購入される方もいらっしゃいます。

何か作りたい、新しいジュエリーがほしいという時には、お使いにならないジュエリーをお持ちになってみてくださいね。

令和2年のはじめのブログになりますが、本年も皆様にお喜びいただけることを一番に、日々励んでまいりますのでルピナスをよろしくお願い申し上げます。

ジュエリープラザルピナス
    中村 一弘

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です