バケットダイヤモンドリングのリフォーム

こんにちは。

本日は、バケットダイヤモンドが5石配列されたダイヤモンドリングのリフォームをご紹介させていただきます。

Ptバケットダイヤモンドリング リフォーム前
Ptバケットダイヤモンドリング リフォーム前

こちらのリングは、長年取引させていただいております小売店様からのご依頼で、お客様からお預かりしたリングとのことです。

お客様のお話によると、5石配列されたバケットダイヤモンドのデザインがお気に入りとのこと。ですが、背の高いデザインとなっている為、時折ぶつけてしまったり、爪がお洋服に引っ掛かってしまうことが何度かあったそうです。

また、お嬢様がいらっしゃるということで、いずれ譲ってあげたいともお考えになっているとのことでしたが、このデザインだと同じようなことになってしまう恐れがあり、デザインも古くて使ってもらえないかもしれないという心配もあったそうです。

リングの内側
リングの内側 

手に取ってリングの内側を見てみると、長年使用した間にサイズ直し等も行っており、ロー付けをした部分が2~3か所剥がれてしまっている状態でした。

このままの状態で使用すると指輪が簡単に変形し、何かの拍子で落ちてしまい、無くしてしまう恐れもありました。「早く直したいなぁ」と思いながら、ネックレスの修理も出来てしまったので、この機会にリフォームをする決意をしたそうです。

お客様によると、リフォームを行うにあたり希望としては、
・ぶつけないように背を低く
・爪が引っ掛かったり、ダイヤモンドが取れてしまうことがないような留め方
・細くならないように、できるだけ幅を持たせてほしい
・いつかお嬢様に身に着けてもらえるように、シンプルなデザインで!

ということでした。

私が直接お客様とはお会いすることはないので、小売店様とデザインについてご相談させていただき、決まったことを小売店様がお客様にデザインについてご報告するというスタイルで進めていくこととなりました。

小売店様との間で決まったデザインは、
・背の低いデザインにする
・もとのリングと同じように5列配列するが、リング形状に合わせた滑らかなウェーブで留めていく
・洋服に引っ掛けることがないようにレール留めにする
・リング下の幅を4mm程度にする

というデザインで決定いたしました。
このようなデザインです。

↓ ↓ ↓

カタログを参考にして
カタログを参考にして

このデザインなら、シンプルでお嬢様にお譲りした時でも安心して身に着けてもらえるだろうということで決定しました。

さっそく小売店様はお客様にデザインを説明し、お客様からは「信用しているから、デザインは任せるよ!」とのことでご了承を得ることができ、リフォームをさせていただくことになりました。

バケットダイヤモンドはラウンドダイヤモンドに比べると、寸法をしっかり合わせないとうまく留めることができないので、いつも以上に慎重に作業させていただきました。
下の写真は製作工程です。

↓ ↓ ↓

製作中の枠
製作中の枠

太いリングを作り、バケットダイヤモンドがきれいに留まるように、ズレたり隙間が空いてしまわないように少しずつ削りながらリングの形も整えていきました。

枠が出来上がった後の石留は専門の職人さんにお願いしております。
出来上がりましたリングがこちらになります。

↓ ↓ ↓

リフォーム後のバケットダイヤモンドリング
リフォーム後のバケットダイヤモンドリング

バケットダイヤモンドは5石で1.35ctもありましたので、幅のあるボリュームのあるリングへと大変身いたしました。
手にしてみてもどっしりとした重量感があります。

さっそく小売店様にお届けさせていただいたところ、「丈夫で素敵なリングになった!」と安心していただきました。
後日お客様に納品し、とても喜んでもらうことが出来たとうれしいご報告をいただきました。

バケットダイヤモンドリング リフォーム後

着け心地の良くなったリングを楽しんでいただき、いずれお嬢様にお譲りしても身に着けてもらえるように私共も祈っております。

ジュエリーリフォームは、お手持ちのリングをできる限り予算を抑えて楽しめるデザインにしたいと思われるお客様がほとんどだと思います。

当店でもお客様のお気持ちをしっかりと理解して承るように努力しております。
ジュエリーリフォームをお考えの方がいらっしゃいましたら、一度お気軽にご相談ください。
その際は、今あるジュエリーと使わないジュエリーなどもございましたら、一緒にお持ちくださるとよりリーズナブルなお値段でお作りすることもできますので、よろしくお願い致します。

本日は、バケットダイヤモンドのリフォームをご紹介させていただきました。
ありがとうございました。

ジュエリープラザルピナス
   中村 一弘

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です