お客様にとても愛されているエタニティリングの修理

Ptダイヤモンドエタニティリング (1.00ct)の修理

こんにちは。
今日は、Ptダイヤモンドエタニティリングの修理のご紹介させていただきます。

お持ちくださったお客様のリングがこちらになります。
↓ ↓ ↓

Ptダイヤモンドエタニティリングの修理
Ptダイヤモンドエタニティリング 1.00ctの修理

何年か前に購入し、それ以来お出掛けの時も家事の時もずっと外さずに着けっぱなしとのこと。

知らず知らずのうちにぶつけてしまったり擦ってしまったりで、お持ちされた際には爪が摩耗しメレーダイヤモンドが3石無くなっておりました。
また、他の爪も確認してみるとすでに紙のような薄い状態で辛うじて留まっている状態で、 人差し指の爪で持ち上げると簡単にダイヤモンドが外せてしまい、メレーダイヤモンドを3石新しく入れても、すぐに別のダイヤモンドが取れてしまうかなり危険性な状態でありました。

ダイヤが外れ、すべての爪が紙のように薄くなってしまっています。

修理についてのお客様のお悩みは

・特別価格で購入できた指輪だから、新しくリフォームすることまでは考えていない

・購入した価格以上の予算もかけたくない

・3石を新しく入れても、すぐに他のダイヤモンドが取れてしまうと悲しいので、そのようなことがないように直したい

とのことでした。

ずっと肩身離さずに身に着けている指輪、なんとかしてまた身に着けられるようにしたいというお客様のお気持ちが痛いほど理解できましたので、できる限り予算を抑えて修理させていただくことになりました。

修理の方法は、まず初めにメレーダイヤモンドのサイズやグレード、色合いを見ながら3石合わせ、それから摩耗して無くなってしまった爪を新たに立て直す作業。次に、メレーダイヤモンドを留めているすべての爪をレーザー溶接で盛り直しました。

出来上がりました指輪がこちらになります。
↓ ↓ ↓

爪を修復した後のPtダイヤモンドエタニティリング
すべての爪を修復したPtダイヤモンドエタニティリング

拡大して撮影しましたが、修復した爪がお分かりになりますでしょうか?

修理前に比べて、購入当時のようなこんもりとしたふっくらな爪が蘇りました。
リング全体もきれいに磨き直し、新品同様までの美しさを取り戻しました。
これでまた数年安心して身に着けていられることと思います。

お客様は数日後にご来店、お直しした指輪をご覧いただき、大変お喜びいただけました。私たちも喜んでもらえて本当に良かったですし、ここまでして直してもらった指輪はうらやましいぐらい幸せだろうなぁ~と思いつつ、今まで以上にお客様の心を暖かく包んでくれる指輪になってほしいと願う嬉しい瞬間でした。

修理後のPtダイヤモンドエタニティリング ct
修理後のPtダイヤモンドエタニティリング 1.00ct

ダイヤモンドやカラーストーンなど、大半の宝石は私たちが生まれる何千年、何万年もかけて地球の地下深くで過酷な条件下で生まれ育ってきた地球からの贈り物です。

長い年月と厳しい条件かで育ってきた宝石はやはり美しさ以上に秘めた力が宿っていると信じています。大切にしていればしているほど、力が宿り、持ち主を優しく見舞ってくれるお守りになることと思います。

宝石は、人の心を明るく
豊かに照らしてくれる
地球からの贈り物

私たち自身も、いつもこの気持ちを忘れずに宝石に携わり、皆様にお喜びいただけることを一番に想いながらひたすら真っ直ぐに進んでいきたいと思います。
本日もありがとうございました。

ジュエリープラザルピナス
中村 一弘

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です