ローズクォーツリングをペンダントにリフォーム

Ptローズクォーツリング リフォーム前

身に着ける為に形見のローズクォーツリングをリフォーム

こんにちは。
ルピナスの中村一弘です。

本日は、ローズクォーツリングのリフォームのご紹介です。

Ptローズクォーツリング リフォーム前

お持ちくださったお客様は、当店に何年もご来店くださっているご夫婦です。
お母さまからいただいた指輪とのことでしたが、「使っていないけど、このままにしておくのはもったいないから何か作り変えたい」というご希望でした。

また、「石が大きいから指輪では使わないかもしれない、いつでも身に着けられるようにシンプルなペンダントにしようかな」ということでペンダントをお作りすることで決定いたしました。

ごく普通の4本爪で留めるデザインと伏せこみデザインをご提案させていただきながら、お話していく中で当店にあるブルーカルセドニーリングをご覧いただきながら、同じような留め方が良いということで下のようなデザインでお作りすることになりました。

K18ブルーカルセドニーリング
K18ブルーカルセドニーリング

ローズクォーツリングはプラチナでしたので、そのままプラチナで製作し、不足分は新しいプラチナを足して製作いたしました。

出来上がりましたペンダントがこちらになります。

↓ ↓ ↓

Ptローズクォーツペンダント リフォーム後

チェーンを通す為のバチカンは小さな丸カンを使用し、チェーンが取り外しできないタイプになりました。
(ペンダントを外す時にヘッドが飛んでしまうこともなく、よりシンプルでオシャレな印象を与えてくれます。)

Ptローズクォーツペンダント

納品時には「これなら着けるようになると思う!」とおっしゃっていただき、お喜びいただけました。

今回リフォームをしてくださったご夫婦はもうお孫様がいらっしゃるということでした。そのようには見えずとても驚きましたが、いつも若々しさが溢れ、お二人の会話を聞いているとまるで恋人同士のような温かく朗らかな雰囲気を感じさせてくれます。

お孫様もご誕生されたいうことで、いつまでもお二人仲良くお元気でお過ごしいただき、楽しい毎日をお過ごしいただけるように祈っております。
これからもよろしくお願い致します。

本日は、ローズクォーツリングのリフォーム、ペンダントへの作り変えをご紹介させていただきました。
ありがとうございました。

ジュエリープラザルピナス 
    中村 一弘

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です